お知らせ・ニュースリリース

【マンションでの地震防災に関する実態調査】
マンションにおける防災対策実施率は年々増加傾向、一方で家庭での対策には未だ課題も。
2013年、2014年、2016年調査比較

ニュースリリース

2016年08月25日
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 和男)は、2016年5月にマンション居住者を対象にとして、地震防災に関するアンケートを実施しました。同様の調査を行った2013年、2014年の結果と比較し、マンション全体での備えは年々進んでいますが、家具の転倒防止対策や備蓄など、各家庭での備えには依然として課題があることがわかりました。

調査結果のピックアップ

マンション全体での備えについて

救助用具などの防災備蓄品を用意するマンションは増加傾向。
  • 救助用具、医療品、災害用トイレなどの防災備蓄品がマンションに用意されているか
    • 用意されている:2013年 23.1% ⇒ 2014年 27.2% ⇒ 2016年 31.2%
    • 用意されていない:2013年 32.3% ⇒ 2014年 26.9% ⇒ 2016年 23.6%
    • わからない:2013年 44.5% ⇒ 2014年 45.8% ⇒ 2016年 45.2%

もし、お住まいの地域で大規模な災害が発生した場合、あなたはどこで生活をすると思いますか?

防災訓練参加率は年々上昇、マンション居住者の「共助」への関心は増加傾向。
  • 防災訓練に参加したことがある:2013年 36.8% ⇒ 2014年 40.7% ⇒ 2016年 45.8%

もし、お住まいの地域で大規模な災害が発生した場合、あなたはどこで生活をすると思いますか?

今回新たに「共助への協力」について質問したところ、52.2%が「安否確認活動」、43.6%が「救助活動」に協力すると回答し、マンション内での助け合いへの協力意向が高いことが分かった。
  • マンション内で助け合いが必要になったときに自身が協力できること(複数選択可)
    • 安否確認活動:52.2%
    • 救助活動:43.6%
    • 見回り活動:38.0%

もし、お住まいの地域で大規模な災害が発生した場合、あなたはどこで生活をすると思いますか?

各家庭での備えについて

家具や電化製品の転倒防止対策は未だ進まず、半数以上が実施していない。
  • 自宅の家具や電化製品を固定している:2013年 46.6% ⇒ 2014年 48.9% ⇒ 2016年 46.1%

もし、お住まいの地域で大規模な災害が発生した場合、あなたはどこで生活をすると思いますか?

飲料水や食糧は半数以上が備蓄しているものの、簡易トイレや救急グッズの備えは浸透していない。
  • 自宅に飲料水を備蓄している:2013年 62.8% ⇒ 2014年 69.4% ⇒ 2016年 66.7%
  • 自宅に食糧を備蓄している:2013年 52.7% ⇒ 2014年 58.3% ⇒ 2016年 53.4%
  • 自宅に簡易トイレを備蓄している: 2013年 23.0% ⇒ 2014年 29.5% ⇒ 2016年 28.0%
  • 自宅に救急グッズを備蓄している:2013年 31.6% ⇒ 2014年 34.4% ⇒ 2016年 30.6%

もし、お住まいの地域で大規模な災害が発生した場合、あなたはどこで生活をすると思いますか?

自宅での備蓄率は2013年、2014年、2016年でほぼ変化していない。

調査概要

  • 調査名
    • マンション地震防災大調査アンケート
  • 実施期間
    • 2016年5月31日〜2016年6月30日
  • 調査方法
    • インターネット(「マンション・ラボ」サイト)
  • サンプル数
    • 2,666名
【比較対象アンケート概要】
  • 2013年調査
    実施期間:2013年8月8日〜8月13日、調査方法:インターネット(マンション・ラボ)、サンプル数:2,804
  • 2014年調査
    実施期間:2014年1月17日〜1月22日、調査方法:インターネット(マンション・ラボ)、サンプル数:2,761

調査結果の詳細データ

本調査結果の詳細データは、「マンション・ラボ」にて公開しています。

本調査の結果データをご利用いただく際は、引用部分の近くに下記を明記してください。
【株式会社つなぐネットコミュニケーションズ マンション・ラボ調べ】
・実施期間:2016年5月31日〜6月30日
・有効回答数:2,666

『マンション・ラボ』は、マンションライフに関するさまざまな事例や最新情報を、取材やインタビュー、アンケートなどを通じてご紹介しています。アンケートについては、「リサーチ会員」として現在16,000名のマンション居住者に登録いただき、マンション生活に関するさまざまなアンケートにご協力をいただいています。

つなぐネットコミュニケーションズの防災への取組み

防災備蓄品の選定や防災マニュアルの作成など、各マンションにあわせた防災施策を、年100棟超のマンションで実施しています。

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 会社概要

丸紅株式会社、三菱地所株式会社、東京建物株式会社の合弁会社として、2001年1月よりマンション向けITサービスを提供してまいりました。「マンション生活をより豊かに」という企業理念のもと、生活インフラとしてのインターネット接続サービスやマンションに特化した防災支援サービスなど、マンション生活の質向上に貢献する様々なサービスを提供しております。

  • 代表
    • 代表取締役社長 石塚 和男 (イシヅカ カズオ)
  • 本社所在地
    • 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル
  • 設立
    • 2001年1月24日
  • URL
  • 事業内容
    • マンション向けインターネット接続サービス「e-mansion(イーマンション)」運営のほか、 ITを活用したマンション商品企画、マンション管理業務支援など。
マンション向けインターネットサービス「e-mansion」導入実績(2016年6月末付)
サービス中物件:2,533棟 258,391戸
本リリースに関するお問合せ先
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 広報担当:平田
e-mail / press@tsunagunet.com